外貨MMF投資ガイド外貨MMF用語集>ドルコスト平均法

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは、株式、投資信託など価格が変動する投資商品を「毎回一定額ずつ購入する」という投資手法のこと。定額投資法などとも呼ばれる。投資商品を購入する場合は、毎月同じ数量ずつ購入するよりも毎月同じ金額を購入する方が高値掴みのリスクを分散することができるというもの。

分散投資における「時間分散」を活用した投資方法。投資信託の場合でも積立投信などのようにこうした投資法を活用したケースもある。

ドルコスト平均法のメリット

  1. 時間分散により高値掴みのリスクが減る
  2. 毎回同じ数量を買うよりも低い価格で取得できる(高い時は少しだけ、安い時に沢山買うので)
  3. 機械的に購入するので投資家の欲や恐怖心に負けず投資を続けられる

ドルコスト平均法のデメリット

  1. 右肩上がりの相場の時には最初に大きく買う方が儲かる。

買って売ってで大きく儲けたいという方にはあまり向いた投資方法ではないが、長期的視点で投資をするうえでは非常に有利な投資法の一つといえる。

参考:投資信託とドルコスト平均法

 

外貨MMF投資にお勧めの証券会社


マネックス証券

マネックス証券
為替手数料が安い。外貨MMFを外国債券などに投資できます。米国株投資にも力を入れているので外貨投資全般に強み。
取扱通貨数:2通貨(米ドル・豪ドル)
為替手数料:25銭
自動積立投資:○
外貨決済:○
>>マネックス証券詳細

Category & Menu

外貨MMF投資ガイドでは、外貨投資の基本から応用までをわかりやすく紹介するサイトです。ぜひご活用ください。

 

外貨MMFにおすすめの証券会社

外貨MMF投資を始めるなら絶対おすすめのネット証券をランキング。
1位:マネックス証券
2位:楽天証券
3位:カブドットコム証券

 

外貨MMF投資ガイド人気ランキング

当サイト内で人気の高いページのランキング情報です。
1位:外貨MMF投資と税金
2位:為替差益が非課税の理由
3位:おすすめの積立投資
4位:為替手数料で比較
5位:外貨MMFのリスク